リクルートカードプラスの作り方と評判

リクルートカードプラスの基本情報 | ETCカードの作り方

※残念ながら、リクルートカードプラスは、
家族カードを含め新規申込みの受け付けを停止しています。

 

 

圧倒的な還元率が最大の魅力

 

Ponta統合で使い勝手向上!

 

 

リクルートカードプラス

 

 

 

初年度年会費(税別) 2000円
翌年以降年会費(税別) 2000円
還元率 2.0%
ポイント優遇制度

じゃらんなどの提携モールで還元率が上昇

海外旅行保険 3000万円
国内旅行保険 3000万円
国際ブランド JCB

 

 

皆さんはリクルートカードプラスについて知っていますでしょうか。

 

 

リクルートカードプラスというのは、
株式会社リクルートホールディングスが発行している、
クレジットカードのことです。

 

 

リクルートカードプラスの主な特徴は、
どこで使っても還元率2%で、
リクルートポイントを貯めることができる、
リクルートのネットサービスを利用する時、
さらにポイントが還元される、
旅行保険が自動付帯していることなどがあげられます。

 

 

リクルートカードプラスのメリットは主に5つあります。

 

 

1つ目は、どこで使っても2%という高いポイント還元率をほこり、
ポイントが貯まりやすく、1ポイント1円分として、
リクルートが提供するサービスなどで使える点です。

 

 

2つ目は、リクルートのネットサービスを利用する時、
通常2%のポイント還元のところ、
さらに上乗せでポイントが還元される点。

 

 

3つ目は、国内外を問わない、
最高3000万円保障の旅行保険が自動付帯している点。

 

 

4つ目は、nanacoやモバイルSuicaなどの、
電子マネーにチャージする場合にも、
リクルートポイントが還元される点。

 

 

5つ目は、ETCカードの発行費用と年会費が無料で、
高速道路の通行料金でもポイントが貯まる点です。

 

 

リクルートカードプラスのデメリットは主に2つあります。

 

 

1つ目は、年会費が2000円かかるという点です。

 

 

しかし、ポイント還元率が高いので、
毎月の電気代などの公共料金や、
携帯電話などの通信費の支払いをこのカードにすることで、
すぐに年会費分のポイントを貯めることができます。

 

 

2つ目は、リクルートのサービスを利用してない方は、
ポイントが使いにくいという点ですが、
現在は、ローソンなどで利用できるPontaポイントに、
交換することが可能です。

 

 

最後に、”リクルートカード”との違いについて。

 

 

リクルートカードプラスは、年会費がかかるのに対し、
リクルートカードは、
年会費がかからないという点が大きなちがいです。

 

 

しかし、リクルートカードプラスのポイント還元率は2%なのに対し、
リクルートカードのポイント還元率は1.2%。

 

 

カードをよく利用する人にとっては、
還元率2%は大きな魅力であり、
年会費分は簡単に元を取れてしまうでしょう。

 

 

ご自身のカードの使い方と照らし合わせて、
損をしない、なるべくメリットの多いカード選びをしましょう。

 

>>『リクルートカード | 基本情報と評判』 はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

当サイトにお寄せいただいたリクルートカードプラスの口コミ・評判

今や自家用車を持っている人には、
必須のアイテムとなっているのがETCです。

 

 

自家用車なしで、
レンタカーやカーシェアリングを利用するのでも、
高速道の利用には、ETCカードがあるのが当たり前です。

 

 

何よりも便利だし、
それだけでなく様々な割引制度が利用できるので、
とても大きな差になる、
使っている人だけがお得な制度と言えます。

 

 

私の場合も、自家用車を手に入れたときに、
最初からETCを取り付けましたので、
それを使うためにはETCカードを作る必要がありました。
そこで、クレジットカードを選ぶ必要がありました。

 

 

そして手持ちのクレジットカードの中で選んだのが、
リクルートカードプラスでした。

 

 

選んだきっかけは、手持ちのクレジットカードの中で、
ETCカードの発行や維持が無料なのは
他になかったからですが、

 

それだけでなく、とてもポイント還元率が良かったからです。

 

ETCカードでの決済は、
通常のクレジットカードでの決済同様に、
ポイントがもらえるのです。
これはほぼどのクレジットカードでも同じです。
つまり普段のクレジットカードと同様に、
ポイント還元率の良いカードを選ぶと
お得だと言うことになります。

 

 

リクルートカードプラスは、ポイント還元率が2%という、
驚異的な高還元率を誇っていまして、
これを選ばない理由がないほどです。

 

 

しかしそれに対して、
年会費が2000円かかると言う欠点もありますが、
これは既に使っていることから、
実際には出費が増えませんので、
問題ないと考えたわけです。

 

 

このリクルートカードプラスの高還元率と言う特徴は、
ETCカードとして利用したときも、
十分に発揮されているというのが、
実際に利用しての感想です。

 

 

それにリクルートカードプラスは、
ETCカードが発行無料で年会費も無料です。

 

つまり追加で発生する費用がないのもとても大きな魅力です。

 

実は年会費無料のリクルートカードVISAは、
ETCカードに発行手数料が必要なことを考えると、
こっちの方が断然お得といえます。

 

 

他と比較しても、
これだけ高還元率で使えるのはないですし、
しかもETCカードも無料と、
ほぼ最強の組み合わせといえると思います。

 

 

しかし欠点がないわけでもありませんでした。
リクルートポイントは、
使い道が割りと限られると言う点です。

 

 

店頭で使えるお店がないですし、
ネットのショッピングサイトで使うことになりますが、
それも割合限られたものに成ります。
その点は人によっては、
使いづらいと感じる場合があるかもしれません。
しかしこれも、
リクルート系のショッピングサイトで利用すれば、
特に問題ないと思います。

 

>>年会費手数料無料ETCカードの賢い選び方

 

 

リクルートカードプラスの基本情報 ページの一番上へもどる

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『DCカード Jizile(ジザイル) | 基本情報と評判』 へ

 

 

リクルートカードプラス Q&A


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ おすすめ法人ETCカード比較 未成年におすすめのETCカード ガソリン代が安くなるETCカード